最新情報

「残さず食べよう!30・10運動」の街頭啓発を行いました!長野県2017.12.01


 

「忘新年会」のシーズンが始まりました!
県では、市町村や関係団体のみなさんと一緒に、「宴会の食べ残し」(食品ロス)を減らすため「残さず食べよう!30・10運動」の実践をJR長野駅前等で呼びかけました!(松本は12/1夕方実施予定)
「3010知ってるよ」と、声をかけてくださる方もいて、「3010運動」が県内に広がってきたことを感じました。

世界では、消費するために生産された食料の1/3、13億トンが捨てられています。
また、日本の食料自給率(カロリーベース)は38%ですが、食品ロスは年間約621万トンもあります。
“もったいない”ですね。
 
「食べ残しをしないよう心掛ける」ことは、誰にでもできる取り組みです。
「残さず食べよう!30・10運動」で、宴会の食べ残しを減らしましょう!


◆「残さず食べよう!30・10運動」とは?
宴会開始後、 最初の30 分間と最後の10 分間は自分の席についてお料理を楽しみ、食べ残し(食品ロス)を減らそうという運動です。 宴会の多いシーズン(7月~ 9月 、12 月 ~1月)は、重点的に周知を行います。

PDFはこちらをご覧ください。

お問い合わせ先
長野県環境部資源循環推進課
026-235-7181

このサイトについて
ごみげんチェックリスト

市町村情報

お住いの市町村別にごみげん情報を
まとめてご案内しています


しあわせ信州