長野県の取り組み

残さず食べよう!30・10運動

残さず食べよう!30・10運動

楽しかった宴会が終わりに近づいた時、ふとテーブルの上を見ると、「お料理がまだ残っている!」なんてことはありませんか?

県では、平成28年10月から、宴会時の料理の食べ残しをしないように呼びかける「残さず食べよう!30・10(さんまる・いちまる)運動」(松本市発祥)の実施を呼び掛けています。宴会料理は、7分の1が食べ残し※で捨てられています。7品コースなら、1品はごみになっています!「もったいない」ですよね。

食べ残しは、心掛けひとつで減らすことができます!宴会が始まった最初の30分と最後の10分間は自分の席について料理を楽しみ、食べ残しを減らしましょう。

※農林水産省平成27年度食品ロス統計調査報告(外食調査)

「残さず食べよう!30・10運動」を広げてくださる皆さんを募集しています!

  • 会社や職場などの宴会で実践している企業や団体の皆さん!
  • お客様に呼び掛けている、旅館・ホテル・飲食店の皆さん!

取り組みを宣言してみませんか?
「残さず食べよう!30・10運動」に登録ご希望の方は、用紙をダウンロードしてください。

登録用紙(wordファイル、クリックでダウンロードします)

30・10運動の輪が広がっています!私たちも30・10運動実践中!!

このサイトについて
ごみげんチェックリスト

市町村情報

お住いの市町村別にごみげん情報を
まとめてご案内しています

しあわせ信州