県内取組事例

MFCA手法を使ったダンボール使用量の削減

MFCA手法を使ったダンボール使用量の削減梱包用ダンボール削減の取組

飯綱町にある(株)サンクゼールでは、直営小売店で大量に発生していた瓶詰ジャム製品等の使用済みの梱包用ダンボールの削減に、環境管理会計手法であるマテリアルフローコスト会計(MFCA)※を使い、全社的に取り組みました。

ダンボール製底板とシュリンク梱包を組み合わせる方法を採用した結果、従来方法と比較して約7割の削減が達成されました。

※マテリアルフローコスト会計(MFCA)は、工程内の原材料の流れを金額と物の重量等で追跡し、工程から出る製品(正の製品)と廃棄物(負の製品)の「生産」に要するコストを把握するためのものです。

このサイトについて
ごみげんチェックリスト

市町村情報

お住いの市町村別にごみげん情報を
まとめてご案内しています


しあわせ信州