長野県の取組

これまでの取組

長野県がごみ排出量の少なさランキングで6年連続”日本一”になりました!

令和元年度の県民1人1日当たりのごみ(一般廃棄物)排出量は、前年度から5g増加しましたが、「6年連続」ごみ排出量が少ない都道府県1位となっています。
県民の皆様の日ごろからの努力と市町村の取組の成果です!

長野県廃棄物処理計画(第5期)取組目標
「つくる責任 つかう責任」を意識して循環型社会を実現 ~信州らしい生活様式へ~

SDGs

SDGsでは、廃棄物の分野は複数のゴールに関係し、中でもゴール12「つくる責任 つかう責任」は、持続可能な生産消費形態を確保することを目指す循環型社会推進を象徴するゴールです。
信州の美しい自然や環境を後世に引き継いでいくため、この「つくる責任 つかう責任」を意識して、新しい生活様式の実践下においてもプラスチックごみや食品ロスなどの廃棄物の発生抑制に努めるとともに、持続可能な資源への転換等を進めます。

全国の状況

排出量全国順位(令和元年度実績)
順位 都道府県名 ごみの量(g)
1位 長野県 816
2位 京都府 836
3位 滋賀県 837
  全国平均 918
過去10年間のごみ排出量の少ない都道府県トップ5の推移
年度 22 23 24 25 26 27 28 29 30 R1
1位 沖縄県 熊本県 熊本県 沖縄県 長野県 長野県 長野県 長野県 長野県 長野県
2位 熊本県 沖縄県 沖縄県 長野県 沖縄県 沖縄県 滋賀県 滋賀県 滋賀県 京都府
3位 佐賀県 長野県 長野県 熊本県 熊本県 滋賀県 熊本県 京都府 京都府 滋賀県
4位 長野県 佐賀県 佐賀県 滋賀県 滋賀県 熊本県 京都府 埼玉県 神奈川県 神奈川県
5位 山形県 山形県 滋賀県 佐賀県 佐賀県 京都府 沖縄県 神奈川県 埼玉県 埼玉県

長野県のごみ減量施策

長野県では、「ごみ減量日本一」の継続及び長野県廃棄物処理計画(第5期)に掲げる「1人1日当たりのごみ排出量790g(2025年度)」の達成を目指し、以下の取組を進めています。

長野県のごみ減量施策

【県内のごみ処理の概要等】

長野県内の一般廃棄物排出量について(環境省:「一般廃棄物処理事業実態調査」(令和元年度実績))

長野県内の一般廃棄物排出量について

1“チャレンジ800″ごみ減量推進事業

県民の皆様や市町村と連携して実施する、県民総参加のごみ減量の取組です。詳しくはこちら

2信州プラスチックスマート運動

近年、世界的な問題となっている海洋プラスチックごみ問題に、河川を多く有する上流県の責務として、県民・事業者・行政がそれぞれの立場で取り組む運動です。詳しくはこちら

3食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~

食品ロス(食べられるのに捨てられてしまう食品)は、全国で約612万トン。1人が1日にお茶碗1杯分捨てていることになります。(平成29年度農林水産省及び環境省推計)。とても、もったいないですね。県では、平成22年度から「食べ残しを減らそう県民運動~e-プロジェクト~」に取組み、県民のみなさんに宴会時の料理の食べ残しを減らす呼び掛け等を行ってきました。引き続き、食への感謝の念を深め、食品ロスを削減するために、次の施策等を行います。

今日からできる”3つのごみげん”

  • 店では“買いすぎない”
    買い物前に、冷蔵庫の中など、在庫をチェックしてから出掛けましょう。
  • 家では“作りすぎない”
    家族が食べ切れる分だけ作り、食材は無駄なく使い切りましょう。野菜の皮は食べられる物が多いので、丸ごと使いましょう。
  • 外では“頼みすぎない”
    外食の際は、自分で食べられる量を注文しましょう。

Re-Style

循環型社会におけるライフスタイルは、リデュース(Reduce:発生抑制)・リユース(Reuse:再使用)・リサイクル(Recycle:再生利用)の実践にあります。
環境省ではこの3つの(Re-)をリ・スタイル(Re-Style)として提唱して、その活動や取組の浸透を呼びかけています。

このサイトについて
ごみげんチェックリスト

市町村情報

お住いの市町村別にごみげん情報を
まとめてご案内しています


しあわせ信州